2011年10月20日の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧米に振り回される相場・・・。

本日は、昨晩の米FRBがベージュブックで先行きに対する不透明感を指摘した事、独・仏がEFSF拡大を巡り、意見が分かれている懸念等で、米株安を受け、日経平均は売り優勢で始まり、戻りがなく、2週間ぶりに8,700円を割り込んだ前日比-90.39円の8,682.15円で取引を終えた。そして、東証1部売買高は4日連続で9,000億円割れと低調でした。タイ洪水の影響も日に日に増していきます。。
日経平均テクニカルは雲を避ける状態で、調整が続きそうです。

東京電力は特別事業計画の策定を材料に35.8%高でしたが、社長解任騒動から下落しているオリンパスは本日も4.9%と下落した。仕手化している両銘柄には明暗分かれました。まだ確かではないが、おかしな企業買収をしてはダメです。リバンド狙いで、オリンパス購入を考えましたが、やめておきます。
本日上場のジンバイオ製薬は残念ながら、公開価格を初値から割り込み、終値は370円でした。公開株数が多すぎですね。

私の持ち株では、NTTドコモのみ前日比で、変わらずが1銘柄、それ以外はでした。
特に下落したのは中国株式市場の下落に嫌気したのか、コマツが前日比-62円の1,700円、中国H株ETFが-31円の642円でした。

76.8円1LOTのドル円は現在、+400円です。

[持ち株銘柄ニュース]
本日は特にありません。

[株式総評価額の前日比]    -59,460円
[株式総評価損益額]       -39,504円

☆クリックお願いします☆
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。