2011年10月11日の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経平均一時8,800円台に

本日の日経平均は、昨日の独仏首脳会談の対策・欧米の株価に好感を受けて、9/16以来の前週末比168円06銭高の8773円68銭で3日続伸した。景気敏感株等の主力株への買い戻しが強まったが、8,800円では上値を追う動きは厳しかった。おそらく、今晩のスロバキア議会でのEFSF拡充を巡る採決を見極める動きが強かったのだろう。

持ち株では、世紀東急が前週末比-1円の47円でそれ以外はでした。特に、コマツが+99円の1,638円、伊藤忠商事が+27円の753円、ボルテージが+71円の1,275円と堅調に推移しました。
追加購入でボルテージと中国H株ETFを指値を入れていましたが、残念ながら購入できませんでした。

今晩の米国アルコアの決算が気になりますが、もっと気になるのがスロバギア議会の採決です。多分、皆さんそうでしょう。連立与党内の意見がまとまらず、可決が困難と言われていますが、否決されるとまた市場が混乱状態になり、私の持ち株もになるだろう。

[持ち株銘柄ニュース]
・トヨタ・・・タイの洪水被害で3工場操業停止(日経新聞より)
       東北地方の系列3社総合の新会社「トヨタ自動車東日本」に(ヤフーファイナンスより)
・三菱商事・・・カタール最大級の海水淡水化プラントで優先交渉権(日経新聞より)

[株式総評価額の前週末比]   +107,600円 
[株式総評価損益額]         -59,300円 
 

※投資関連の比較サイトは本当に便利です。
 きちんと比較をすることでお気に入りの証券会社を簡単に見つけることができます。
 現物ですとネット証券比較さんがお勧めです。
 皆様のお役に立てば、幸いです。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。